Top > 経済 > 債務整理について考えてみる

債務整理について考えてみる


新聞のチラシ、ゴシップ紙、電話ボックスに見かける宣伝やDMで、「多重借金の片付けやります」「債務を一本化しましょう」というような売り文句を閲覧することがあります。

こういうのは、「整理人」「買取業」「紹介者」という俗称の業者のおとり広告のときがあるということです。

これらを依頼した場合は自己破産申請手順の中で免責承認を受け取れない可能性がありえます。

「片付け屋」というのはチラシなどで負債者を引きつけ高額の手数料を受け取って債務整理を行いますが、現実には整頓は実行されずに、債務者はより一層の借金スパイラルにはまってしまう結末がほとんどになります。

「買取専門屋」は、債務者の分割払いで、家電製品、旅行の利用チケットを買い入れさせて、依頼者からその品目を売値の1割もしくは40%で買い上げるという手段が主です。

借金者はそのときはキャッシュが増えますが、いずれカード企業によって購入品の定額の返済請求がくることになり、本当は債務額を増大させるだけです。

この場合だとクレジット会社へ犯罪行為ということになり免責許諾をもらえなくなります。

「紹介屋」の場合名の知れたサラ金から貸してもらえなくなった借金人について、自分では資金提供は全くせずに、融資をしてくれる関係無い貸し手を知らせ、すさまじい手数料をもらうグループです。

紹介者は高度なつなぎで融通が受けられたというように話しますが、本当は何もせず、ただ単に審議の通りやすい店を把握しているだけです。

このときも実際のところ債務を増やすだけです。
借金のせいで差し押さえされる前にできること

経済

関連エントリー
良くわからないけど、債務整理って?債務整理について考えてみる
カテゴリー
更新履歴
冠婚葬祭には即日キャッシングを利用しよう(2014年6月26日)
シンメトリーな美しい顔を目指す第一歩(2014年5月12日)
坊主スタイルは危険(2014年5月 2日)
広がっているフラッシュモブ(2014年4月28日)
地域密着型の不動産を探してみる(2014年4月24日)